山口県眼科医会

眼科健診の勧め
山口県眼科医会
会長  小林 元巳


 山口県眼科医会HPへようこそ。

 山口県眼科医会は日本眼科医会の1支部で、山口県内の眼科医約150名で構成されています。眼科医会は、正しい眼科医療の啓発及び教育活動、眼科に関する調査研究、公衆衛生活動を行なっており、その活動を通して皆様の保健・福祉の向上に寄与しています。

 人は情報の多くを目から得ます。
 ものを見るためには、眼鏡が必要になることもありますし、コンタクトレンズを使う人もいます。手術が必要な場合もあります。

 平均寿命が延びた現在、目の健康を維持することは、さまざまな情報を得て快適な生活を送るための必須条件となります。医学の進歩によって多くの病気は克服されつつあり、白内障などは他の合併症がなければ手術によって視力を回復できるようになってきました。しかし、自覚症状に乏しく発見が遅れるような病気、また中には現代の医学をもってしても進行をとめるあるいは遅らせるにとどまる病気もたくさんあります。

 わが国の視覚障害の主原因は第1位が緑内障、ついで糖尿病網膜症、網膜色素変性症、黄斑変性症、の順となっています。これらの病気は年齢とともに多くなる病気ですが、早期に発見し、適切な医療を行うことによって進行を防げる病気でもあります。

 病気の治療はもちろん、眼鏡を作る時、コンタクトレンズの経過観察、そして病気を早期発見するための健診、われわれ眼科医会会員は皆様の目の健康を願っています。

 眼科健診の大切さをご理解いただき、目のかかりつけ医を持たれることをお勧めします。



Yamaguchi Ophthalmologist Association


ホームページへ戻る