社団法人 宇部市医師会 宇部看護専門学校


1.学校沿革

昭和29年 宇部市医師会附属准看護婦養成所として開設
昭和44年 各種学校として認可 宇部准看護学校に移行
昭和50年 看護婦養成課程(進学コース)併設 宇部高等看護学院に移行
昭和52年 専修学校として認可 宇部看護専門学校に移行

2.学校の特色

 本校は医療・福祉施設で働きながら学べる昼間定時制の准看護師・看護師養成所です。准看護科を卒業し、准看護師の免許を取得できれば、併設している看護科へ進学し、看護 師の免許取得も可能です。

3.教育課程

 本校は、保健婦助産婦看護婦法及び学校教育法に基づき、准看護科においては准看護師に必要な教育を、看護科においては看護師に必要な教育をそれぞれ授け、地域医療に貢献し得る准看護 師または看護師を養成することを目的としています。

 各授業科目は、山口大学をはじめ隣接する大学、短期大学の教授・助教授・講師、宇部市医師会会員の医療機関の医師・看護婦、本校の選任教員によって授業が行われます。また、宇部興産中央病院をはじめ、宇部市・小野田市内の病院で臨床実習が行われます。

4.働きながら看護師になる道のり

5.入学の状況

 高等学校の新卒者が半数を占めますが、最近の傾向として、一旦、就業していた人などが看護職に進路を変更する社会人学生が増えています。また、男子学生も増えています。クラスは幅広い年齢層の学生で構成されています。

6.免許取得状況

都道府県試験

准看護師の山口県下の合格率は98〜99%ですが、本校においては100%の合格率を誇っています。

看護婦国家試験

平成8年に実施された試験で、全国の合格率が初めて90%を割りました。その後も年々低下し、平成10年には83.66%にまでなりました。看護の質が求められる時代にあって、最後まで予断は許されない状況ですが、本校においては、これまでの卒業生全員が合格しています。

7.就職・進学状況

准看護科を卒業すると……

看護科(進学コース)に進学するか、准看護師として多くは宇部市内の病医院に就職しています。

看護科を卒業すると……

多くは山口県内の病医院に就職しています。また、保健婦学校、助産婦学校へ進学する学生もいます。

お問い合わせ

社団法人 宇部市医師会 宇部看護専門学校

所在地 山口県宇部市中村3丁目12番53号
TEL 准看護科 0836-31-5368
看護科 0836-33-8140

宇部市医師会
宇部市中村3丁目12番54号
TEL:0836-21-5437