水虫はかゆいとはかぎらない 

 水虫は、白癬菌というカビの一種が、皮膚の最外層の角質に感染して足に生じる病気です。
 水虫には、土ふまずの部分に小さな水ブクレができる小水泡型、足のゆびの間が白くふやけてくる趾間型、足の裏、特にかかとの部分の角質が厚くザラザラになってくる角質増殖型の3つのタイプがあります。
 小水泡型や趾間型はかゆいのが普通ですが、角質増殖型は全くかゆみがありません。かゆみが全くないため水虫とは疑われず、ヒビやアカギレと思い込んで放置されている場合が多く、水虫は徐々に進行して爪まで侵され、爪が厚く白くにごってきます。
 かゆくなくても、かかとの角質が厚くザラザラになっていたり、ビビワレが出来たり、爪が厚く白くにごっていたら水虫の可能性がありますから、専門医に相談されたら良いでしょう。

戻る