山口県医師臨床研修推進センター

〒753-0814

山口県山口市吉敷下東3-1-1 山口県医師会内

TEL 083-922-2510  FAX 083-922-2527

TOPページセンターの概要事業内容臨床研修病院リンク

事 業 内 容

臨床研修医交流会の開催

 この会は、県内の基幹型臨床研修指定病院の初期研修医が幹事となって企画・運営し、山口県の研修医や指導医、山口大学医学部の医学生らを対象とした交流会です。

← 前のページにもどる


【 平成23年度の臨床研修医交流会 】

会場の様子1

 1日目は、山口県医師会の木下会長の挨拶から始まった。

 木下会長は、県の医師確保対策や県医師臨床研修推進センターの取組みを紹介され、初期研修の後も引き続き山口県に定着していただきたいと挨拶された。

会場の様子2

 次に、昨年から実施している「指導医・後期研修医等国内外研修助成事業」の紹介とともに、研修助成決定通知書交付式が行われ、本年度の助成者に決定通知書が手渡された。

 交付を受けられた先生方には、木下会長から激励の言葉と会場から励ましの拍手が送られた。

 続いて、平成22年度の助成者を代表して、徳山中央病院の清水弘毅先生から聖マリアンヌ医科大学での研修報告が行われた。

 特別講演は、(医)博愛会宇部記念病院の野村真治先生が、「災害医療支援チーム(JMAT)に参加して〜東日本大震災・宮城県南三陸町〜 」をテーマに、南三陸町入谷地区の避難所での貴重な体験を多数のスライドを交えて話された。

会場の様子3会場の様子4

 グループワークは、研修医・医学生が12のグループに分かれ、「こんなとき、あなたなら・・・」をテーマに討議を行った。与えられたテーマは、研修医の身近に起こる事柄であり、各グループとも2日目の発表に向けて活発な議論を重ねていた。

会場の様子5会場の様子6

 懇親会では、恒例のビンゴゲームで大いに盛り上がり、壇上で景品が渡されるたびに、羨望と諦めの拍手が起きていた。

会場の様子7会場の様子8会場の様子9

 2日目は、1日目のグループワークで話し合われた内容の発表が行われた。研修医だけでなく、指導医からの質疑やコメント等もあり、活発なやり取りで大変有意義な討論が行われた。

会場の様子10会場の様子11

 参加された多くの研修医から、有意義な2日間であり、来年も是非開催してほしいとの意見をいただきました。

↑ このページの先頭にもどる

← 前のページにもどる

山口県医師臨床研修推進センター

〒753-0814 山口県山口市吉敷下東三丁目1-1 山口県医師会内

TEL 083-922-2510  FAX 083-922-2527

E-mail masuda@yamaguchi.med.or.jp