en-JoY活動 女子医学生のページ

◆ 発足理念

会議の様子

en-JoYは、医師‐学生間の情報共有の橋渡し役として、医療界における男女共同参画を推進する手助けをしたいという目的のもと、2008年に発足しました。全国でも稀な学生主体のグループとして、様々な方面で精力的に活動を行い、先輩医師の協力を仰ぎつつ、現在まで活動を継続しています。

さて、en-JoY発足から8年が経ち、医療現場にも女性医師が増え、医学科における女子学生の割合も格段と増えてきました。発足当時に比べ男女共同参画の呼び声も高まり、全国各地で様々な取り組みがなされる中、私達を取り巻く環境は更に変化してきています。それに伴い、私たちen-JoYの活動も、これまでの女性中心の活動から、男女関係なく一緒に取り組んでいこうという方向に自然と変化してきました。

今、8年間の活動をもとに、私たちen-JoYは、以下の3つの理念を掲げて活動をしています。

・男女共同参画の理念のもと、男女の関係なく働きやすい医療現場の構築を目指す
・医師・学生間の相互理解を深める機会を提供する
・学生のうちからキャリアの形成について考えること、医師としての自覚をもつことを促す

医学生が医師としての将来像を具体的に思い描き、また医師となる心構えを持つためには先輩医師との縦のつながりが不可欠です。私達en-JoYの活動は、活動の成果がすぐに結果として現れるものではありませんが、これら3つの理念のもと、医師・学生の架け橋としてあり続けられるよう、今後も様々な活動を行っていきます。

↑このページの先頭へ