ママさんドクターのページ

◆ 賠償責任保険について

サポート活動が始まる時に、サポーターは、「施設賠償責任保険」と「生産物賠償責任保険」に加入します。手続きは県医師会で行います。両保険とも、保険金額は1億円、免責金額は1千円です。

なお、車での事故については、当該保険の対象になりませんので、サポーターに送迎を依頼される時は、子どもさん自身の「傷害保険」等に加入されておくことをお勧めします。

■ 施設賠償責任保険とは

「保育サポート活動」中に、サポーターの責任で子どもにケガをさせたり、器物が壊れたりした時に、サポーターの法律上の賠償責任部分の補償がなされます。過失の有無や過失割合は、事故の状況等を勘案して保険会社により個別に判断されます。また、サポーター自身のケガや自分の持ち物の破損には適用されません。

■ 生産物賠償責任保険とは

主に、サポーターが保育サポート活動の一環として作って食べさせた食事やおやつが原因で保育している子どもに被害が生じたときに適用になります。

↑このページの先頭へ

イラスト